紅葉めぐり
洛北

三千院

 大原の秋は京都観光でも人気どころ、三千院・寂光院・宝泉院など名所は多い。なかでも三千院の秋はすばらしい。人が少ない平日の観光をお勧めします。

宝泉院

 額縁庭園の大楓の紅葉は必見です。庭の名前は盤桓園(ばんかんえん)、「立ち去りがたい」という意味だそうです。時間の経つのも忘れます。

来迎院

 三千院の奥にある来迎院は観光客も少なくゆっくりと紅葉をあじわえるお寺です。少し足を伸ばせば「音無の滝」もあります。


寂光院

 建礼門院が余生を過ごした寂光院は、三門と本堂周辺の紅葉が印象的です。週末は混雑しますので、ウイークデイにゆっくりと散策したいですね。


大原の里

 三千院から寂光院へ向かう道沿いの紅葉もきれいです。律川にかかる朱塗りの未明橋とモミジは、ベストショットです。


貴船

 叡山電車の貴船口から、貴船神社にかけての道沿いは、ミニハイキングコースです。貴船川にかかる紅葉を楽しみながら、ゆっくりと散策してください。

瑠璃光院

 京数寄屋造りの名人と称された中村外二の建築、庭園は佐野藤右衛門一統の作といわれる。邸内から見る紅葉の庭は知る人ぞ知る隠れた名所です。特に2階からの八瀬の眺めは素晴しい。


八瀬

 八瀬のケーブル乗場近くの高野川沿いではカエデやモミジ、イチョウなどの色とりどりの紅葉が見られます。特に夕刻には陽の光が木々を華やかに装います。


蓮華寺

 蓮華寺は高野川のほとりにある天台宗の寺院。参道に入ると一面の秋色。そして書院から眺める池泉鑑賞式庭園の紅葉は毎年訪れても飽きないほどすばらしい。一番おすすめの隠れた名所です。


赤山禅院

 修学院離宮の近くにある赤山禅院は、延暦寺の別院で、本堂の屋根に王城守護の猿が祀られているので有名。古来より「もみじ寺」として親しまれ、11月下旬にはもみじ祭も行われる。


曼殊院

 門跡寺院曼殊院の紅葉は洛北随一。参道は紅葉のトンネル、高い石段の上に立つ曼殊院の正門・勅使門にかかるもみじは絶好の写真ポイントです。


圓光寺

 庭園は十牛の庭と名づけられ紅葉の名所。赤い毛氈のひかれた縁側に座って、ぼんやりと紅葉を楽しんでください。裏山の高台からの眺めもいいですよ。


詩仙堂

 一乗寺山の山裾のゆるやかな斜面を利用した庭園は、白砂に大刈り込みのツツジで有名ですが、秋には背後の楓が紅葉し白砂とのコントラストが見事です。


金福寺

 芭蕉、蕪村などゆかりの寺。俳句の聖地ともいわれています。小高い所にある藁葺きの風雅な庵と紅葉のコントラストが絶妙です。


実相院

 門跡寺院実相院の有名な「床紅葉」は正午ごろが一番美しく見られるそうです。石庭のライトアップも行われます。幽玄の世界をあじわってください。


正伝寺

 洛北西賀茂にある正伝寺は、鎌倉時代の弘安年間に創建された臨済宗南禅寺派の寺。本堂前の庭は小堀遠州作と伝えられ、比叡山を借景とした白砂の枯山水。獅子の児渡しの庭といわれる庭にある一本のモミジ、秋の風情をたっぷり感じさせてくれます。


上賀茂神社

 世界遺産に登録されている広い境内には、モミジが点在しています。なかでも楢の小川付近では、せせらぎに落ち葉が漂い、秋の深まりを感じさせてくれます。


源光庵

 「悟りの窓・迷いの窓」越しに色づく楓を物思いにふけりながら心静かに観賞してください。光悦寺と常照寺、源光庵はそれぞれ趣の異なった紅葉風景が楽しめます。


光悦寺

 参道の圧倒的な紅葉、境内のあちこちにある茶室、有名な光悦寺垣と紅葉、鷹峯の山を色とりどりに染める秋色も見事です。


常照寺

 吉野太夫ゆかりの寺。吉野門にかかる紅葉は趣があります。境内にも多くのモミジが植えられ、シーズンになると多くの観光客が訪れます。


大徳寺・高桐院

 石畳の細い参道には落ち葉、頭上には楓の木々、秋の高桐院は一年中で一番素敵な表情を見せてくれます。庭園に座して秋の郷愁に浸ってください。