京都観光チャンネル
京の萩名所

 例年では、9月中旬から10月上旬に、萩が見頃をむかえます。
くさかんむりに秋と書いて「萩」、万葉の時代には最も愛された秋草、その可憐な花は派手さはありませんが京の社寺には欠かせない秋模様です。萩の名所「梨木神社」から「真如堂」まで、半日ぐらいかけてのんびりと巡ってみてはいかがでしょうか。京の初秋を楽しんでください。
梨木神社〜常林寺〜下鴨神社〜
真如堂〜迎称寺
 梨木神社





 1885年(明治18)創建、明治維新の功労者三條実万・実美父子を祀る。京都三名水のひとつ「染井」が境内にある。梨木神社では、約500株の萩が境内は植えられこの連休から見頃となります。萩まつりは、18日(土)から20日(月・祝)に開かれます。境内の萩には俳句の短冊が吊され、一句一句を読みながら萩を楽しめます。萩まつり神事は18日に行われます。お茶券800円・萩の絵皿付1500円
■拝観時間:午前6時〜午後5時 ■拝観料:無料 ■駐車場:無
■上京区寺町通広小路上ル ■市バス 府立医大病院前下車 徒歩約2〜3分
  常林寺




 京阪電車「出町柳」駅の近くにある萩の隠れた名所・常林寺。普段は人の訪れることの少ない浄土宗の寺ですが、隠れた萩の名所。門を入ると一面に萩が咲き誇っています。広くはない境内には背丈を越える萩が所狭しと咲いていました。訪れた日はまさに見頃でしたが、参拝者はなし見事な萩を独り占めできました。
■拝観時間:午前9時〜午後4時 ■拝観料:自由参拝 ■駐車場:無
■左京区川端通今出川上ル ■市バス・京阪電車「出町柳」下車

下鴨神社



 平安遷都以前からこの賀茂の地を支配していた豪族、賀茂氏が祀った“賀茂の社”が起こり。広大な境内には国宝の本殿や53棟の重要文化財社殿が並ぶ、境内一帯は糺の森と呼ばれ国史跡になっている。萩は御手洗池の近くに咲きます。社殿の朱色とのコントラストが美しいです。
■拝観時間:午前6時半〜午後5時 
■拝観料:境内自由 ■駐車場:有/有料

■左京区下鴨泉川町59 ■京阪電車 出町柳下車徒歩約10分 市バス下鴨神社前下車 徒歩約5分
真如堂


 紅葉の名所として知られた真如堂ですが、本堂の周辺を中心に萩も多く植えられています。この時期は観光客も少なくゆっくりと初秋を楽しめます。萩の見頃にはちょっと早かったようですが、秋の陽を浴び可憐に咲く萩、苔とモミジのコントラスト、心が癒される一時でした。
■拝観時間:9時〜16時  
■拝観料:境内は自由 ■駐車場:有

■左京区浄土寺真如町32 ■市バス:真如堂前下車 徒歩約10分
 迎称寺(こうしょうじ)


 真如堂の北側に隣接する迎称寺(こうしょうじ)は、あまり知られていない寺ですが、門前には「洛東九番萩の霊場迎稱寺」の石碑。その塀沿いには京都では珍しく土がむき出しの土塀に咲く萩、実に情緒があります。そして東側には崩れた土塀と萩、時のたつのも忘れてシャッターを・・。是非一度訪れてください。
■拝観時間:自由 ■拝観料:無
■左京区下鴨泉川町59 ■市バス:真如堂前下車 徒歩約10分

サイトTOP

TOPへ