祇園祭へ
 四条傘鉾(しじょうかさほこ)
 住所:四条通西洞院西入傘鉾町
 元治の大火の後も巡行に加わっていたが,明治5年以降,道具類もちりぢりになって消滅同然となっていたが、1988年に117年ぶりに巡行に復帰した。祇園唐草模様の大傘に錦の垂(さがり)で飾り,傘の上には御幣と若松を飾る姿は,応仁の乱以来の傘鉾の原形を伝えている。赤熊(しゃぐま)鬼面 の棒振り、踊り手、囃し方が歩くさまには素朴な味わいがある。
    



      
  
 鉾建て:14日午前8