史跡一覧へ戻る  
 名称:上賀茂・社家町(かみがもしゃけちょう)
 住所:京都市北区上賀茂藤ノ木町
 上賀茂の社家町は、上賀茂神社の神官と農民によって門前集落が形成され、室町時代から神官の屋敷町として発展してきた。神社の境内から流れ出る明神川に沿って、「豕扠首(いのこさす)」という独特の妻飾りを持つ社家が建ち並び、土橋、土塀、門、前庭の樹木と一体となって、社家町の歴史的景観を今に伝えている。上賀茂伝統的建造物群保存地区に指定されている。
 現存する社家の中で、最も昔の面影をとどめる錦部(にしごり)家の旧宅(現在は西村家別邸)の庭園と旧宅の一部を見学することができる。
  
 アクセス:市バス「上賀茂神社前」下車徒歩2分 地下鉄「北山」下車徒歩20分
 見学時間:自由
 駐車場:無

                                   戻る