社寺一覧へ戻る
 名 称:護王神社(ごおうじんじゃ)
 住 所:京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385 TEL075-441-5458
 平安京造営に貢献した和気清麻呂と、その姉で孤児救済に励んだ和気広虫を祀る。もとは神護寺境内。1851年、孝明天皇が和気清麻呂の忠節を賞し「護王大明神」の神号を授けて御所近くに移転、護王神社の名になった。清麻呂が猪に護られ足のケガが癒えた故事から「いのしし社」とも親しまれ、ケガ回復祈願の参詣が絶えない。
     
アクセス:地下鉄烏丸線丸太町駅下車徒歩約7分、市バス・京都バス烏丸下長者町下車すぐ
拝観時間:6時〜21時  駐車場:有
拝観料:境内自由