京都観光チャンネル
 時代祭 (平安神宮・10月22日)
行列@へ   行列Aへ   行列Bへ 
 時代祭とは
 時代祭は明治28年(1895)、平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建され、その記念事業として時代祭が始まりました。10月22日は、桓武天皇が延暦13年(794)に長岡京から平安京に都を移された日です。祭は、神幸祭、行在所祭などの神儀と、明治維新から延暦時代へさかのぼる時代風俗行列があります。行列の人数は約2,000人、その長さは2キロにも及ぶ壮大なものです。祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられています。
 時代祭の見所
 明治維新から江戸、安土桃山、吉野、鎌倉、藤原、延暦時代へと七つの時代をさかのぼる行列の衣装や調度品は、厳正な時代考証が行われ、各時代の材料・技法で復元されています。博物館の展示品がそのまま都大路を歩いているような祭です。また、坂本龍馬や豊臣秀吉など歴史上の人物を演じている人の顔、似ているのかなと思いながら見物するのも・・・
 時代祭順路

12時00分:京都御所建礼門前 →

12時15分:堺町御門前 →

12時30分:烏丸丸太町 →

12時50分:烏丸御池 →

13時20分:河原町御池 →

13時25分:河原町三条 →

14時10分:三条神宮前通 →

14時30分:平安神宮

見学ポイントは、京都御所の堺町御門周辺と平安神宮大鳥居周辺がベストです。

※有料観覧席の問い合わせは、京都市観光協会 TEL 075(752)0227へ

(雨天順延)
時代祭行列紹介はこちら

         行列@  【明治維新時代】  維新勤王隊・幕末志士列
               【江戸時代】     徳川上司上洛列・江戸時代婦人列
     
         行列A  【安土桃山時代】  豊公参朝列・織田公上洛列
               【室町時代】     室町幕府執政列・室町洛中風俗列
               【吉野時代】     楠公上洛列・中世婦人列
 
         行列B  【鎌倉時代】     城南流鏑馬列
               【藤原時代】     藤原公卿参朝列・平安時代婦人列
               【延暦時代】     延暦武官行進列・延暦文官参朝列・神饌講社列・前列・神幸列