京都観光チャンネル   観光コースマップ
洛北岩倉・上賀茂神社を巡る   
  実相院〜円通寺〜蓮華寺〜上賀茂神社
 @京都駅から 京都バス 岩倉実相院行 約50分 
 A出町柳駅から 叡山電車「岩倉」下車徒歩17分
  実相院門跡 
 実相院は、岩倉門跡とか岩倉御所とも呼ばれる門跡寺院、寛喜元年(1229)静基僧正が開創しました。本堂・四脚門・お車寄せは、東山天皇中宮承秋門院の旧殿の一部を下賜されたもので御所の建築遺構です。本尊不動明王像・歴代天皇の尊牌などを安置。桃山風の池泉廻遊式庭園並びに客殿の東には広大な石庭があります。床モミジで有名。

■拝観時間:午前9時〜午後5時
■拝観料金:大人500円・高校生500円・小中学生250円
■駐車場:有
■左京区岩倉上蔵町121
■叡山電車 岩倉下車 徒歩約17分京都バス 岩倉実相院下車徒歩すぐ



門 前





車 寄


庭園の蹲


紅葉の床モミジ


新緑の床モミジ
  円通寺
 江戸時代の初期、後水尾上皇が造営された幡枝御所跡で、上皇が修学院に山荘(現在の修学院離宮)の完成に伴って近衛家に与えられたものです。後に、霊元天皇が乳母円光院の願いを受け御殿と庭園を与えて延宝6年(1678)に尼寺となった。のち、霊元天皇の勅願寺となっています。本尊の聖観世音菩薩は定朝の作といわれています。
 青苔におおわれた枯山水の平庭は、周囲にサザンカなど50種類の生垣をめぐらし、杉・ヒノキの木立を通して比叡山を望む借景式庭園として有名です。名勝指定。臨済宗。

■拝観時間:午前10時〜午後4時半
■拝観料:大人500円、高校生500円、小中学生300円
■駐車場:有
■左京区岩倉幡枝町389
■叡山電車 京都精華大下車 徒歩約25分 京都バス 円通寺道下車徒歩約10分 地下鉄 北山下車 徒歩約30分(タクシーで5分)



参 道


枯山水庭園


比叡山を借景
  蓮華寺 
  天台宗。江戸初期の寛文年間(1661-73)加賀藩の家老今枝近義が洛中から移し再興しました。本堂前に六角形急勾配の笠をつけた蓮華寺型石灯籠があり、茶人の間で有名です。
 鐘楼には黄檗2世木庵禅師銘のある銅鐘がかかっています。庭園は池泉式回遊庭園で近義と交友のあった石川丈山、狩野探幽、木下順庵、隠元禅師(万福寺)、木庵禅師など多くの文化人が協力して作庭しました。紅葉の隠れた名所。

■拝観時間:午前9時〜午後5時
■拝観料:大人400円、高校生400円、小中学生無料
■駐車場:有
■住所:左京区上高野八幡町1
■叡山電車 三宅八幡下車 徒歩約10分 京都バス/市バス 上橋下車 徒歩約1分
 


参 道



庭園越しに本堂を見る


庭園へ高野川の清水を引き込んでいる


客殿前庭園(初秋)


客殿前庭園(晩秋)
 上賀茂神社
 賀茂川の上流、神山を背に鎮座。京最古社の一つで世界文化遺産。本殿・権殿は共に国宝。重要文化財の建造物も多数。上賀茂神社と通称されるが正式には賀茂別雷神社といい、賀茂別雷神を祀る。桓武天皇の遷都以来、皇城鎮護の神、鬼門の守り神、総地主の神として崇められ、今日も 厄除、方除、電気の守り神として信仰を集めている。二の鳥居を入ると目に入る円錐形に整えられた「立砂」(たてずな)は、細殿前に作られ、神様が最初に降臨された上賀茂神社の神山を模して作られたとも言います。現在でも鬼門や裏鬼門に砂をまき清めるのはこの「立砂」が起源とされています。
 片山御子神社(片岡社)は、賀茂別雷大神の母君である「玉依比売命」を祀ったお社で、縁結びの神様としても古来から有名で、紫式部が何度もお参りしたことでも知られています。
 5月15日に下鴨神社と共に催される葵祭は京都の三大祭・日本三勅祭の一つです。
■拝観時間:午前6時〜午後6時
■拝観料:自由参拝
■駐車場:有/有料
■住所:帰宅上賀茂本山339
■地下鉄烏丸線北大路下車/市バス御薗橋下車
 
 
社家町