京都観光チャンネル
 世界遺産を巡るC  
  高山寺〜仁和寺〜龍安寺〜天龍寺〜西芳寺   
   JRバス周山行〜栂ノ尾(約50分運賃500円)下車徒歩7分
  高山寺
 高雄の神護寺、槙尾の西明寺とともに紅葉の名所として知られる栂尾・高山寺は、明恵上人が13世紀前半に再建した寺院。石水院(国宝)は、御鳥羽上皇の学問所を移したもので、明恵上人の住居跡と伝えられています。こけら葺の簡素なたたずまいで、鎌倉時代の住宅建築をしのばせます。
 境内は国の史跡に指定されており、栄西禅師が中国から持ち帰った茶種を開祖・明恵上人が植えたという日本最古の茶園の伝承があります。
 動物を擬人化して世相を風刺して描いた国宝「鳥獣人物戯画」など数多くの貴重な美術工芸品を所有することでも有名です。

■拝観時間:午前8時30分〜午後5時(無休)
■拝観料:紅葉シーズンは有料、石水院は大人600円・小人300円
■駐車場:有




石水院・入口


開山堂
  JRバス 栂ノ尾〜御室仁和寺(約20分)
  仁和寺
 御室桜で知られる仁和寺は、宇多天皇が仁和4年(888)に創建。宇多天皇は退位後、この寺で出家し、住居である御室を造られたので、別名御室御所とも呼ばれました。その後も代々皇族の子弟が住持する門跡寺院となり、高い格式を誇っています。
 朱塗りの中門(重要文化財)をくぐると、御所の紫宸殿を移築した金堂(国宝)の他、五重塔(重要文化財)や観音堂(重要文化財)等が見えてきます。御殿は貴族好みのしつらえの建築で、端正な庭園があり、遼廓亭と飛濤亭という名の茶室がひなびた風情をたたえています。門跡寺院として格式が高く、また、「徒然草」「方丈記」など古典にも数多く登場します。

■拝観時間:午前9時〜午後4時30分(無休)
■拝観料:無料、※庭園は一般500円・中学生以下300円
■駐車場:有(有料)




五重塔


仁王門


中 門


金 堂


経 蔵


鐘 楼


勅使門
   仁和寺から徒歩10分
  龍安寺
 足利将軍の管領職にあった細川勝元が宝徳2(1450)年に徳大寺家の別荘を譲り受けて建立した寺です。
 方丈庭園は「龍安寺の石庭」として有名です。幅30メートル、南北10メートル余の長方形の白砂の庭に15個の石を5・2・3・2・3個と5箇所に配置したシンプルなもので、これは一般に、「虎の子渡し」の名で知られています。方丈の東庭には龍安寺垣があり、その横に秀吉が賞賛したと伝わる侘助椿があります。
 また、寺の南側には広大な鏡容池(きょうようち)があり、周囲は回遊式庭園になっています。茶室蔵六庵の露地にある、中央の四角い穴が「吾唯足知」の4つの漢字の「口」が共有されている知足の蹲踞(つくばい)も見どころです。

■拝観時間:午前8時〜午後5時(無休)
■拝観料:一般500円、小中学生300円
■駐車場:有





三 門



石 庭


桜の石庭


鏡容池


知足の蹲踞
  嵐電「龍安寺道」〜「嵐山」 徒歩1分
  天龍寺
 後嵯峨天皇の亀山離宮があったところに、暦応2(1339)年、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓国師を開山として創建した禅寺で、京都五山の一位として栄えた名刹です。
 曹源池を中心に、嵐山、亀山を背景とした池泉回遊式庭園(史跡・特別名勝)は、開山の夢窓疎石[むそうそせき]の作。3段の石滝組などを配し、南北朝時代の禅院を代表する庭園で、貴族文化の伝統と禅好みの手法が溶け合い、四季折々の美しさを見せてくれます。

■拝観時間:午前8時30分〜午後5時30分(無休)
■拝観料:一般500円、中学生300円
■駐車場:有(有料)





曹源池から大方丈を見る


大方丈


曹源池庭園


書 院


庫 裡
  京都バス 「嵐山」〜「苔寺・すず虫寺」徒歩約10分
  西芳寺
 苔寺の名で呼ばれる西芳寺は、暦応2年(1339)、藤原親秀が夢窓疎石を招いて再建した寺。
 有名な西芳寺庭園は夢窓疎石の作庭による。史跡、特別名勝に指定されていて、池泉回遊式、枯山水の二段構え。足利義政は東山殿(銀閣寺)をつくるにあたり、この庭を手本としたといいます。上段の枯山水庭園は、枯滝組や蓬莱式の石組で、豪快さとともに繊細な感覚がしのばれ、数ある枯山水の中でも屈指の石組といわれています。下段の池泉回遊式の庭は、黄金池を中心に100余種の緑苔が敷かれ、水と緑と木々が構成する、静寂さと清々しさが感じられる名庭です。梅雨の時期は、特に苔の緑が美しいです。

■事前に往復はがきで希望人数、住所、氏名、電話番号、希望日時を記入して申し込みが必要
■志納料:3000円、
駐車場:無
■住所:京都市西京区松尾神ヶ谷町56






@ 平等院〜宇治上神社〜醍醐寺
A 東寺〜清水寺〜西本願寺〜二条城
B 金閣寺〜銀閣寺〜上賀茂神社〜下鴨神社
観光コースへ