祇園祭へ 
 白楽天山(はくらくてんやま)
 住所:室町通綾小路下ル白楽天山町
 
 中国・唐時代の有名な詩人白楽天が、道林禅師に仏法の大意を問いかけているシーンを表現している。2体の人形の唐冠を付けたほうが白楽天、帽子(もうす)をかむった僧の人形が道林禅師。天明、元治の大火で胴懸や人形の胴を失い、巡行中断と復元を繰り返している。前懸は、トロイア城陥落を描いた16世紀の毛綴(タペストリー)。





 
 
 山建て:13日午前9時
 会所飾り公開:13日午前9時