葵祭の行列  戻 る
行列は、勅使を中心にした本列と、斎王代を中心にした斎王代列(女人列)に大別できる。
■本列
◆乗尻(のりじり)  行列を先導する騎馬で左右各3騎。上賀茂の競べ馬の騎手が務める。
    

乗尻(のりじり)  左右三騎づつで先導する      
◆検非違使志(けびいしのさかん)
◆検非違使尉(けびいしのじょう)

    平安京の警察であった検非違使の役人とその従者。
検非違使尉(けびいしのじょう)
舎人の引く馬に騎乗し、下役を率いて行列の警備にあたる。
検非違使志(けびいしのさかん)
看督長(かどのおさ)、火長(かちょう)、如木(にょぼく)、白丁(はくちょう)など下役を率いて行列の警備にあたる。
◆山城使(やましろつかい)
 山城国を治めていた山城使およびその従者たち。賀茂の両社とも洛外になるので、山城の国司の管轄区域に なるため督護の任につく。舎人が馬の口を取り、雑色(ぞうしき)、取物舎人(とりものとねり)などを従えて行く。
   

山城使    従者が山城使の所用品を携えてゆく。
◆御幣櫃(ごへいびつ)
   賀茂両社の神前に供える御幣物を納めた櫃で、白木の唐櫃に注連縄をかけ、白丁にかつがれてゆく。
◆内蔵寮史生(くらりょうのししょう)
   内蔵寮の役人で、御幣物を管理している。
◆御馬(おうま)
   走馬(そうめ)ともいわれ、神前で走らせ、神々にご覧に入れる馬で、2頭の馬を馬部(めぶ)がついて引いて行く。
◆馬寮使(めりょうつかい)
   走馬をつかさどる六位の武官で騎乗している。
 
御幣櫃(ごへいびつ)

内蔵寮史生(くらりょうのししょう)
◆牛車(ぎっしゃ)
   御所車といわれ、勅使の乗る車で、藤の花などを軒に飾り、牛に引かせる。牛童(うしわらわ)、車方、<BR>
   大工職などの車役が、替え牛とともに従う。
◆舞人(まいうど)・和琴(わごん)
   近衛府の五位の武官で、歌舞の堪能者がこの日の舞人を勤める。6人が騎乗でお供する。

牛車(ぎっしゃ)

舞人(まいうど)
◆勅使(ちょくし)
  天皇の使いで、行列中の最高位者。四位近衛中将がこれを勤めるので、近衛使(このえづかい)とも言われる。
◆随身(ずいしん)
  勅使の警護役
◆牽馬(ひきうま)
  勅使の替馬

勅使(ちょくし)

随身(ずいしん)
◆風流傘(ふうりゅうかさ)
   牡丹や杜若など季節の花(造花)を飾り付けた大傘。
◆陪従(ばいじゅう)
   近衛府の五位の武官で、社頭で歌をうたい楽器を奏する役。
◆内蔵使(くらづかい)
   勅使が神前で奏上する御祭文を奉持している。
◆風流傘(ふうりゅうかさ)
   本列の最後を行く大傘。

風流傘(ふうりゅうかさ)・京都御苑

風流傘(ふうりゅうかさ)・下鴨神社
■斎王列
◆命婦(みょうぶ)
   小桂(こうちき)を着用する高級女官。花傘をさしかける。
◆女嬬(にょじゅ)
   食事をつかさどる女官。

◆命婦(みょうぶ)

◆女嬬(にょじゅ)
◆斎王代(さいおうだい)
   かつて未婚の内親王が務めていたが、現在は京都在住の未婚女性から選ばれる。豪華な十二単衣の重さは30キ    ロもある。乗っている腰輿(およよ)は四方が開放され御簾(みす)が取り付けてあるので、四方輿ともいう。
◆駒女(むなのりおんな)
   斎王付きの清浄な巫女(みかんこ)で、騎馬で参向するのでその名がある。

斎王代(さいおうだい)

駒女(むなのりおんな)
◆蔵人所陪従(くろうどどころべいしゅう)
   斎院の物品、会計をつかさどる蔵人所の、雅楽を演奏する文官で、それぞれ楽器を持っている。
◆牛車(ぎっしゃ)
   斎王の牛車で俗に女房車。この牛車には、葵と桂のほか桜と橘の飾りがつく。

蔵人所陪従(くろうどどころべいしゅう)

蔵人所陪従(くろうどどころべいしゅう)


   戻る